春のシミケアと美白化粧品の選び方<

春はスキンケアが難しい時期です。

 

とくにシミケアは環境や肌の状態に合わせてしっかりと行っていかないといけません。

 

そうしないといつのまにかシミができてしまっていた、といった状況に陥りかねないからです。

資生堂HAKU春シミケア美白化粧品選び方

 

 

 

春のケアが難しい理由
・気温が不安定 気温の寒暖差は肌の負担になる
・紫外線の量 4・5月の紫外線量は7・8月と遜色がない
・環境の変化によるストレス バリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなる


資生堂HAKU春シミケア美白化粧品選び方

春は冬の名残りのような寒く空気が乾燥した日があるかと思うと、春の訪れを告げる穏やかで暖かい日もある。 

 

気温の寒暖差は肌に負担をかけるとよく言われますが、春先はとくにこの差が激しく肌環境も不安定になりやすいのです。

 

もうひとつ大きな問題なのが急増する紫外線の量です。

 

3月後半ころから紫外線の量が増加し、4月の天気がよい日になると非常に多くなります。

 

油断して紫外線ケアをしっかり行っていないとあっという間に肌にダメージが蓄積してメラニン色素が増加してしまいます。

 

精神ストレスからホルモンバランスも乱れる

資生堂HAKU春シミケア美白化粧品選び方

さらに年度末から新年度へと移行するこの時期。

 

進学、就職・転職、異動など環境が大幅に変化することが多く、不安や緊張で精神面が不安定になりがちです。

 

それが睡眠環境の悪化や免疫力の低下、さらにはホルモンバランスの乱れなどを引き起こすことでバリア機能を低下させます。

 

それが紫外線のダメージを受けやすい環境へと導いてしまうことがあります。

 

ですから春のシミケアではこうしたこの季節ならではの特徴・注意点を踏まえたうえで適切に行っていくことが大事です。

 

では実際にはどのような事に注意したらいいのでしょうか。

 

気温と天候に合わせて、毎日相応しいケアを意識する
→寒い日には保湿ケアを重視・天気がよい日には紫外線対策を念入りに行う

 

・朝の段階で日中の気温や紫外線量をよく確認したうえでケア
・天気予報や紫外線量の予測などをうまく活用してシミケアに役立てる
・美白化粧品選びでも美白成分の効果だけでなく、保湿効果をはじめとした肌のバリア機能を改善する効果を備えた製品を選ぶ
・生活習慣の改善、とりわけストレス対策もうまく取り入れる

 

まず毎日同じケアを習慣的に行うのではなく、ケースバイケースで相応しいケアを心がけましょう。

 

乾燥した日でも、疲労やストレスで肌が不安定になりがちな時期でもしっかりシミケアができるためにも

 

スキンケア全般に意識を向けた上で適した美白化粧品を選んでいく必要がありそうです。

 

以上の事に注意しながらながら難しい春のシミケアをしっかり行ってシミを防いでいくようにしましょう。

夏のシミケアと美白化粧品の選び方

シミケアには季節ごとに難しさがあるものですが、もっとも注意が必要なのはやはり夏です。

 

何しろ紫外線の量が非常に多くなるわけですから、肌にダメージが蓄積しないよう注意しなければなりません。

日焼け止め選びは肌への負担も考える

紫外線を浴びた刺激に反応して、メラノサイトがメラニン色素の生成量を増やします

 

ですからまず紫外線をできるだけ避けるための工夫が必要です。

 

紫外線をしっかりカットできる日焼け止めを使うのはもちろん

 

効果ばかりに目を向けずに肌への影響もしっかり考慮に入れたうえで、製品選びから使い方まで配慮していくことが求められます。

 

資生堂HAKU夏シミケア美白化粧品選び方

 

気を付けたい!日焼け止めの活用法とは?
・日焼け止めはUVカット効果に優れているほど肌への負担が大きくなるのが原則
・紫外線吸収剤を使ったタイプは、特に肌に刺激をもたらす可能性がある
・紫外線を浴びる環境に合わせた製品を使い分ける
・スキンケア用品だけで紫外線予防は限界があるので、帽子、サングラス、日傘など直接日差しをさえぎることができるアイテムも活用


 

とくに化学反応によって紫外線を無害化する紫外線吸収剤は注意したいところです。

 

この日焼け止めの負担を避けるためには紫外線を浴びる環境に合わせて適した製品を使い分けるのが一番効果的です。

 

たとえば買い物などちょっとした外出程度ならSPF20、PA+程度でも十分カバーできますし、

 

逆にレジャーなど屋外で過ごす機会が多いときにはSPF50、PA+++クラスの効果が求められます。

 

刺激が不安な場合は紫外線散乱剤タイプを

資生堂HAKU夏シミケア美白化粧品選び方

常に効果の高い日焼け止めを使用するのではなく、環境に合わせてもっとも肌への負担が少なく済む形で使い分けていくよう工夫してみましょう。

 

紫外線吸収剤については絶対に避けた方がよいというわけではありません。

 

しかし乾燥肌や年齢肌など刺激が気になる方は紫外線散乱剤を使用した製品のほうがよいでしょう。

 

ただもちろん紫外線をしっかりカットできることが最優先ですから、低刺激ばかりに意識を傾けすぎないことも大事です。

 

メラニン排出効果のある化粧品も取り入れる

資生堂HAKU夏シミケア美白化粧品選び方

こうした前提を踏まえたうえで美白化粧品を使うことになるわけです。

 

しかしいくら優れた美白化粧品でも強い紫外線の影響でメラニン色素の生成を完全にブロックすることは不可能です。

 

ですから生成を抑制するだけでなく、排出を促せる効果を備えた化粧品を使いましょう。

 

美白効果に加えてターンオーバーを活性化させる効果でメラニン色素の沈着を防げる製品がお勧めです。

 

また紫外線のダメージで刺激に敏感になってしまっているときには、保湿成分が充実している美白化粧品もお勧めです。

 

化粧品だけに頼らずにいかに紫外線のダメージを軽減することができるか、いろいろなアプローチが問われる季節です。

秋のシミケアと美白化粧品の選び方

秋のスキンケアでは急速に冷え込んでいく環境が肌に負担をかけないよう心がけることと、

 

夏のダメージがトラブルの原因にならないよう気をつけることが大きなテーマとなります。

 

ケアを怠ると夏のダメージが一気に現れる
18

資生堂HAKU秋シミケア美白化粧品選び方

いわば内と外の両方からのケアが求められます。

 

その為、周囲の環境と自分の肌の状態の両方を見極めたうえでの適切なケアが欠かせません。

 

とくに夏場のダメージがシミの原因になってしまうことが多く、シミケアをしっかりできるかどうかが肌環境に大きな影響を及ぼす時期です。

 

涼しくなって紫外線の量が減ってきたからといって紫外線対策を怠ってしまうと、夏のダメージが一気に表面に出てシミの原因になってしまうこともあります。

 

シミは角質層の奥のメラノサイトで生成されたメラニン色素が時間をかけて表面に出てきたときになるため

 

秋になって夏場に浴びた紫外線のダメージをしっかりケアしておかないとシミが増えてしまう恐れがあるのです。

 

バリア機能の低下を放っておくと肌荒れの原因に

資生堂HAKU秋シミケア美白化粧品選び方

また、夏場の紫外線のダメージはメラニン色素を増やすだけでなくバリア機能を低下させる面もあります。

 

秋になって涼しくなったといっても紫外線の量はまだまだ多いです。

 

だからバリア機能が低下した状態で十分な対策を行っていないと、ますますメラニン色素が増加。

 

それだけでなく肌荒れやシワなどのトラブルを抱えてしまうことになりかねません。

 

その意味では秋のシミケアはエイジングケアの観点から見ても非常に重要な意味を持っているのです。

 

秋に効果的な美白化粧品は?
・細胞の活性化を促す働きがある成分でメラニン色素の沈着を予防
 →プラセンタエキスやスクワラン、ビタミンC誘導体、EGFなど
・ターンオーバーを活性化させて、メラニンを排出できるもの
・バリア機能を修復するための保湿対策
 →セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など

 

美白成分でメラニン色素の生成をブロックすることももちろん重要ですが、

 

夏場のダメージですでに生じてしまったメラニンをスムーズに排出させるためにもターンオーバーの活性化が欠かせません。

 

しかも夏場のダメージの蓄積でバリア機能が低下していると、メラニン色素が生成されやすい状態が続いてしまいます。

 

資生堂HAKU秋シミケア美白化粧品選び方

保湿成分を補いバリア機能を修復していかないと、いくら美白成分でメラニン色素をブロックしようとしても十分な効果は期待できません

 

保湿成分と美白成分の両方を補える美白化粧品を選びましょう。

 

秋は空気が乾燥する冬場に向けて肌環境を整えていく時期でもあります。

 

気温の変化も意識したうえで適切なシミケアを心がけていくようにしましょう。

冬のシミケアと美白化粧品の選び方

冬場は紫外線の量が少なくなるので夏場に比べればシミケアがしやすい季節といえます。

 

しかし一方で肌が乾燥してバリア機能が低下しやすい状況になるので紫外線対策とは別のアプローチによるシミケアが必要になってきます。

 

春や夏とは異なる意識も求められるでしょう。

 

資生堂HAKU冬シミケア美白化粧品選び方

 

冬でもシミ・美白ケアが必要なのは何故?
・肌が乾燥してバリア機能が低下、メラニン色素が増加しやすくなる
・屋内外の気温差で肌に負担がかかりやすい


乾燥で肌がダメージを受けやすくなっている

資生堂HAKU冬シミケア美白化粧品選び方

冬場の最大の問題点は低い気温と空気の乾燥です。

 

外出中に寒い外気に晒されているとどうしても肌から水分が失われてしまい乾燥してしまいます。

 

その結果バリア機能が低下し、ちょっとした刺激に対してダメージを受けてしまう状況になりがちです。

 

メラニン色素といえば紫外線の影響で増加するイメージが強いかもしれませんが、実際には肌に刺激が生じたときに生成されるものです。

 

バリア機能が低下して刺激に敏感になればなるほど、接触や摩擦などさまざまな機会でメラニン色素が増加するリスクが生じてしまいます。

 

バリア機能の維持ができるケアを

資生堂HAKU冬シミケア美白化粧品選び方

また寒い屋外から暖かい屋内に入ることで急激に水分が失われて肌がカサカサに硬く乾燥してしまうこともあります。

 

また入浴後に寒い脱衣所に移動する際にも注意が必要です。

 

こうした冬ならではの環境と問題点を頭に入れたうえでシミケアを行っていく必要があるわけです。

 

そうなるとまず大事なのが肌のバリア機能を維持することです。

 

冬に効果的な美白化粧品は?
・美白成分だけでなく保湿成分も補うことができるものを選ぶ
 →乾燥で有効成分が蒸発しやすくなっているので、適度な油分も補えるか
  元々乾燥肌の人は、美容クリームだけでなくワセリンなどもうまく活用しながらケア
・乾燥で固くなった肌でも有効成分が浸透しやすくなっている処方が施されているか
ビタミンCやプラセンタなど低刺激な美白成分の方が適している

 

また肌がカサカサに硬くなってしまうと有効成分が浸透しにくい状態になってしまいます。

 

そこで浸透性に優れているかどうかも重要なポイントになってきます。

 

更に乾燥した外気の影響で表面がカサカサに乾いていると、せっかく水分や有効成分を補ってもすぐに蒸発して失われてしまうため十分な効果が得られません。

 

その為ほかの季節にもまして油分でうまくフタをして蒸発を防ぐ必要があるのです。

 

紫外線量が少ないのでじっくり低刺激なケアを

資生堂HAKU冬シミケア美白化粧品選び方

強烈な紫外線が降り注ぐ夏場のケアとは違い、美白成分にはそれほど即効性が求められる季節ではないため、

 

刺激を与えずに時間をかけてシミケアを行っていける美白成分のほうがよいからです。

 

このように冬場はとにかく乾燥対策をしっかり行い、バリア機能を維持することが第一です。

 

美白成分よりも保湿成分や油分をしっかり補えるかを意識したうえで美白化粧品を選んでみるとよいでしょう。