20代のシミケアと美白化粧品の選び方

20代はまだシミが気になる年齢ではありません。

 

しかしまだ肌が若い時期にしっかりとケアをしておかないと老化がはじまる30代に入って苦労することになりかねません。

 

20代の美白対策のポイント
1,予防を重視した取り組みがメイン
2,UVカット効果を備えたアイテムで、いかにうまく紫外線対策を行っていけるかどうかが最大のポイント
3,メイクやスキンケアが肌に負担をかけてしまわないようにする
4,美白化粧品選びについては美白成分の効果を重視

 

1,紫外線ダメージを上手く予防する事を念頭に

資生堂HAKU20代シミケア美白化粧品選び方

まず紫外線のダメージを避けるよう日常生活の中で心がけましょう。

 

日焼けサロンなどであえて日焼けをしている方も多いと思いますが、過剰に肌を焼いてしまうとそのダメージが蓄積してしまう恐れがあります。

 

また海水浴やスキーなどレジャーを楽しむ機会も多いでしょうし、夏場には肌を露出することも多くなるはずです。

 

それだけに必ず浴びている紫外線が肌にダメージを残すような環境は避けたいものです。

2,UVカット効果の高さと肌への負担は比例

資生堂HAKU20代シミケア美白化粧品選び方

これは必ずしも日焼けはよくない、紫外線そのものを避けたほうがよいといったことではありません。

 

いかにうまくダメージを防ぐことができるかが問われます。

 

日焼け止めはUVカット効果が高ければ高いほど肌への負担が大きくなってしまう面もあるのですが、

 

20代ではこの注意点はそれほど気にならないため、まず紫外線を防ぐことを最優先に相応しい日焼け止めを選んでいくよう心がけたいものです。

3,メイクや肌に合ったクレンジングや洗顔料を使用

資生堂HAKU20代シミケア美白化粧品選び方

20代はアイメイクを中心にどうしてもメイクが濃くなりがちですし、スキンケアでも刺激が強いアイテムを使う傾向が見られます。

 

しっかりメイクをすればするほどクレンジングの負担が大きくなりますし、それが乾燥やバリア機能の低下といった問題を引き起こしてしまうこともあります。

 

過剰な清潔への意識から肌に合わない、刺激の強いクレンジング剤や洗顔料を選びがちな点も注意したい部分です。

 

4,美白成分の刺激をあまり気にしないで済む

資生堂HAKU20代シミケア美白化粧品選び方

30代以上に比べて20代は肌のバリア機能が維持されています。

 

そこで美白成分そのものの刺激をあまり気にせずに使うことができます

 

もちろん自分の肌に合うことが大前提ですが、美白成分がどれだけシミケアに役立ってくれるのかをチェックしたうえで選んでみたいところです。

 

まだ若く肌が丈夫な一方で過剰な負担が蓄積すると30代以降にシミの原因をもたらしてしまう。

 

そんな20代ならではの環境を意識して相応しいケアを行っていきたいところです。

30代のシミケアと美白化粧品の選び方

老化の影響で肌環境が変化していく「お肌の曲がり角」は30代に二度訪れるといわれています。

 

ですからこの年代のシミケアはそうした肌の変化をよく見極めたうえで行っていくことが重要です。

 

30代の美白対策のポイント
・保美白成分より湿成分を補ってバリア機能の低下を予防
 →ダメージを受けやすいとメラニン色素が増加し、シミが増えやすい
・低負担のクレンジングでも落とせるように、メイク環境を見直す
・乾燥やカサつき、透明感の低下などが気になる場合は、保湿効果に加えてターンオーバーの活性化ができる成分も補う
 →美白対策とは別にエイジングケアの一環として取り入れていくのもよい

 

30代でのケアが40代の肌環境を決める

資生堂HAKU30代シミケア美白化粧品選び方

また、30代の10年間でどれだけ充実したシミケアを行っていけるかどうか? 

 

これがシミやシワといったトラブルが表面にあらわれやすくなる40代以降の肌環境に大きな影響を及ぼします

 

老化による肌の変化はまず乾燥の形であらわれます。

 

角質層で水分を保っているセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が減少していくことで水分が減少してしまうのです。

 

その結果角質層に乱れが生じることでバリア機能も低下してしまいます。

バリア機能が低下しているとメラニン色素生成をブロックしにくい

資生堂HAKU30代シミケア美白化粧品選び方

ですからまずは保湿成分をしっかり補うことがシミケアの基本です。

 

美白成分よりもまず減少している保湿成分を補えるスキンケア製品を選びましょう。

 

いくら高い効果が期待できる美白成分を補っても、バリア機能の低下がそのままだとメラニン色素の生成を思うようにブロックすることができません

 

また美白成分はハイドロキノンに代表されるように効果が高いほど肌への負担が強くなる傾向が見られます。

 

ですから美白成分でシミケアを行う場合でもまずバリア機能を改善しておかないと、効果どころか肌に負担をかけてしまう恐れが出てくるのです。

 

メイクそのものが肌の負担になってくる

資生堂HAKU30代シミケア美白化粧品選び方

メイク環境を改めるのも30代の大事な部分です。

 

若いころと同じ感覚でしっかりとメイクしていると刺激に敏感になった肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

とくにアイメイクは紫外線を浴びやすい目元に負担をかけてしまうので要注意、

 

肌の状態にもよりますが20代の頃よりもナチュラルメイクを心がけてみましょう。

 

メイクを落とす際のクレンジングの負担を減らすだけでもシミのリスクをかなり減らすことができるでしょう。

 

美容液をメインに保湿効果も重視

資生堂HAKU30代シミケア美白化粧品選び方

美白化粧品選びではやはり美白美容液がメインとなります。

 

ただこれまで触れてきたように30代の美白対策には保湿成分も大事なので保湿効果も備えている製品がおすすめです。

 

さらに30代後半になると体の老化が急速に進んでいくようになります。

 

肌が不安定になりやすい年代だけに、季節や健康状態も踏まえて自分の肌をよく把握しながらのケアを心がけたいところです。

40代のシミケアと美白化粧品の選び方

40代はシミケアがもっとも難しい年代といってよいでしょう。

 

老化が本格的に進んでいくことでシミが表面にあらわれてくる時期。

 

それと共に肌に負担をかけないためにも過剰なケアを避けなけれはならない面もあります。

 

気を付けたいポイント

その理由やメリット

最小限のケアで最大限の効果が得られるのが望ましい

年齢を重ねるごとに肌が敏感に傾く為、スキンケアでも刺激になりやすい
更年期障害の影響で肌が不安定になりやすい事を考慮 シミや吹き出物といったトラブルに見舞われやすくなる
保湿対策では保湿成分だけではなく適度な油分を補う

・角質層だけでなく表皮の皮脂も減少
・外部からの刺激を受けやすくなる上、水分も蒸発しやすくなる

肌の環境によっては美白美容液は刺激が強くて思うように使えないケースも 美白クリームで低刺激でゆっくりと美白ケア
UVカット効果を備えた乳液で紫外線対策を行う 日焼け止めが肌に負担をかけるリスクを軽減
即効性よりも時間をかけてじっくりと効果を発揮する成分がお勧め ビタミンC誘導体やプラセンタなど

 

更年期障害が肌環境にも影響

資生堂HAKU40代シミケア美白化粧品選び方

この年代のシミケアに関してはスキンケアだけでなく心身の健康状態も重要な鍵を握ります。

 

とくに40代半ばからは更年期の影響で肌が不安定になります。

 

ストレスの解消や規則正しい生活習慣などスキンケアではカバーしきれない心身の健康をできるだけ維持するよう心がけましょう。

 

スキンケアに頼ったケアでは十分な効果が得られない年代とも言えそうです。老化が進んでいくことで乾燥が加速しバリア機能が低下してしまうのも厄介な点です。

 

しかも更年期になるとセラミドやコラーゲンの生成量が減少するための急激に乾燥が進むケースも見られます。

即効性は却って肌に刺激を与える

資生堂HAKU40代シミケア美白化粧品選び方

肌環境をよくチェックした上で適切な保湿対策を行っていけるよう心がけましょう。

 

乳液・クリームを賢く活用できるかも40代のシミケアの大事な部分です。

 

またこの美容液だけに頼らないシミケアを行っていけるかどうかも40代の大事な部分となるでしょう。これはそのまま美白化粧品の選び方とも関わってきます。

 

即効性のある成分は肌に刺激をもたらす可能性があります。

 

どうしても効果を早く実感したいばかりに焦って過剰なケアに陥りがちです。

 

しかし肌環境と心身の健康両面を改善しつつじっくりとシミケアに取り組んでいける美白化粧品を選びましょう。

 

50代のシミケアと美白化粧品の選び方

50代のシミケアは自分の肌に合った範囲内で行うことがもっとも大事な部分です。

 

この年代でまったくシミやくすみと無縁な人はいませんから、日常のシミケアで完全に防ぐことは現実的ではありません

 

なんとかしてシミを除去しようと一生懸命になってしまうとかえって過剰なケアで肌に負担をかけてしまう恐れも出てくるのです。

 

肌の老化がかなり進んでいる状況を受けいれたうえで身の丈にあったケアを心がけましょう。

 

50代が気を付けたいポイント
・ターンオーバーを活性化
 →古い角質が蓄積して生成されたメラニン色素もスムーズに排出されずに沈着を起こしやすくなり、シミができやすい環境になってしまう
  プラセンタやEGFといった細胞を活性化させる働きを持つ有効成分でケア
・保湿対策では浸透性を高める技術・処方を取り入れているかチェック
 →古い角質の蓄積の影響で美容成分が浸透しにくい環境になっている
・沈着を起こしたメラニンを薄くすることができる還元作用を備えた成分をうまく取り入れて
 →ビタミンC誘導体とハイドロキノン
  ハイドロキノンは刺激が強い面もあるので、濃度の低い化粧品から試す

 

50代のターンオーバーは50日以上

資生堂HAKU50代シミケア美白化粧品選び方

50代のシミケアのポイントはターンオーバーの活性化です。

 

28日周期で入れ替わるといわれている肌のターンオーバーは加齢とともに乱れて遅れがちになっていきます。

 

これには個人差がありますが、50代になると周期が50日以上になるとも言われており、その分古い角質が蓄積しやすくなります。

 

ですから美白成分でメラニン色素の生成をブロックすることも大事ですが

 

完全にブロックすることは不可能なだけに蓄積せずに排出できる環境がほしいところです。

 

また細胞を活性化する成分を補うだけでなく、日常生活の中でも活性化を心がけた対策を取り入れていきましょう。

細胞の活性化の為に生活習慣の見直しを

資生堂HAKU50代シミケア美白化粧品選び方

適度な運動、睡眠、ストレスの解消など…

 

肌のターンオーバーだけでなく、体全体の新陳代謝を維持できる環境づくりを毎日の生活の中で行っていくことができるか。

 

50代はどうしても外出や体を動かす機会が少なくなる時期ですから、スキンケアだけにとどまらないケアを幅広く行っていきたいところです。

 

美白化粧品選びに関してはメラニン色素をブロックする効果はもちろん、還元作用のある成分も取り入れてみましょう。

 

すでにシミが気になっている方はこれらの美白成分でケアしつつ、ターンオーバーを促すことでシミを目立たなくしていくことができるでしょう。

 

ハイドロキノンは肌との相性をよく確認したうえで活用していくことが大事です。